一人ひとりの目標のために人間力を育てる

Btn splocalnav open

一人ひとりの目標達成のために

深き「信」と「愛情」を持ち生徒に接することを

「子どもが良く育つのも、学生が良く育つのも、すべてが、育てられるものの育てるものへの『信』の深さに比例し、その『信』は育てるものの内にある『愛』の深さに比例するのではあるまいか」。 この文章は、『職業と人生』(田中良雄氏著)にある文章です。田中良雄氏は、教育指導のもっとも根本となり、基本となるものは、教える者と教えられる者との相互間の「信」であると述べています。信じるということは、あらゆる国、組織、企業を問わず、真に成功と言えるような成果を上げるための本質であると考えます。 M進は、大切な子ども達をお預かりしている者として、深き「信」と「愛情」を強く心に留め、子ども達に向き合います。

困難を乗り越え、前に踏み出す力

現実の社会は、順境な時ばかりではありません。逆境にあっても乗り越えていける意志力を、M進で学び、努力していく過程で掴みとってほしいと考えています。誰でも、頑張っても結果が出ないことがあります。そのような時、M進は、生徒の皆さんの目線でともに考え、強い意志で困難を乗り越え、前に踏み出すことができるよう全力でサポートします。

正しい受験戦略の必要性と早期に目標設定することの必要性

平成26年春に、現役で国公立大学に合格した生徒は、盛岡一高で167名(定員数の52%)、盛岡三高では218名(定員数の68%)でした。 さらに、旧帝大をはじめとする難関国公立大学(北海道大学・東北大学・東京大学・一橋大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学・東京工業大学)に進学した方は、盛岡一高55名(定員数の19%)、盛岡三高24名(定員数の8%)となっています。 このデータから、将来、国公立大学への進学、難関大学への合格を考えている生徒は、高校合格だけを目標にしていてはいけないということが理解できます。 自分の夢・目標を達成するために、将来どの大学で学びたいのか。小学生、中学生のできるだけ早期に正しい受験戦略を実践することで、岩手の子ども達の可能性はもっともっと広がります。

平成26年度 岩手県主要進学校の国公立大学合格実績(現役生のみ)

高校名定員国公立大学 合格者数国公立大学 現役合格率難関国公立 大学合格者数難関国公立 大学合格率
盛岡一 280名 148名 52.8% 55名 19.6%
盛岡三 280名 185名 66.0% 24名 8.5%
盛岡北 280名 122名 50.8% 3名 1.2%
福 岡 200名 70名 35.0% 1名 0.5%
花巻北 240名 169名 70.4% 10名 4.1%
黒沢尻北 240名 134名 55.8% 11名 4.5%
水 沢 240名 139名 57.9% 13名 5.4%
一関一 240名 124名 51.6% 11名 4.5%

人間力を育てる

M進は、生徒の皆さんの学力を伸ばす進学塾です。学力を伸ばすために、?進や学校で行われるテストの得点を伸ばし、入試において第1志望校に合格できるよう、数学、英語、国語、理科、社会の指導を行い、得点アップを目指します。 しかし、生徒さんのみなさんが、「真の学力」を身につけたり、受験後の人生において成長を続けたりするためには、ただ、学習(勉強)に取り組むだけでは不十分です。M進は、以下の点を大切に考え、指導を行っています。

なぜ、何のために?

生徒の皆さんの学習する目的は何ですか?〇〇中学、〇〇高校、〇〇大学に行きたいのはなぜですか?将来、〇〇になりたいのは、なぜですか。M進は、生徒の皆さんが成長し、より良い人生を送るために、「なぜ?何のために?」を問いかけます。

挨拶、礼儀

M進は、生徒の皆さんの成長段階を踏まえながら、あいさつや礼儀にもこだわった指導を行っています。?進の各教室では、生徒の皆さんの「こんにちは」「さようなら」「ありがとうございます」や先生の「お疲れ様です」の元気な声が響いています。

合宿教育や海外研修

M進は、小学生、中学生の皆さんに合宿教育を行っています。合宿教育は、集中して学習に取り組むことができるだけではなく、「人間力」を育てる場としてもとても大切な機会となっています。普段は違う教室に通い、違う学校に通う生徒さんと一緒に寝食をともにしながら、各合宿の目標達成のために共有する時間は、受験のためだけではなく、将来必要とされる「チームで働く力」「自分と異なる存在を認める力」の養成にもなっています。また、中学生、高校生の皆さんに、海外研修のプログラムも提供しています。M進だから提供できる、単なる観光ではない海外を体験し、自己を見つめる機会になります。